コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

がれきの下の医療 がれきのしたのいりょうconfined space medicine

知恵蔵の解説

がれきの下の医療

地震や事故などの災害現場で、崩れた家や岩などで挟まれた人を救出する医療。1990年代の初めに米国で生まれた言葉。救急車で運ばれて来る負傷者を待ち受ける救急医療と違い、現場に飛び出し、悪条件下の現場で救命治療を行う医師看護師チームには、特別な器具類や訓練が必要。閉じ込められている場所に水や毛布を差し入れたり、動けない負傷者には必要な点滴や酸素吸入、応急手当てなどをする。2005年4月、兵庫県尼崎市で起きたJR宝塚線脱線事故で注目を浴びた。厚生労働省は05年3月から研修会を開いており、医師、看護師ら3〜5人のチームを2年間で200以上作る計画だ。

(田辺功 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

がれきの下の医療の関連キーワード災害派遣医療チーム(DMAT)

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

がれきの下の医療の関連情報