酸素吸入(読み)さんそきゅうにゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

酸素吸入
さんそきゅうにゅう

全身状態が悪くて呼吸運動が十分に行えない場合,高所などの空気中の酸素が不足した環境にいるとき,あるいは全身麻酔時などに,酸素を与えて組織のガス交換を助ける方法。ボンベなどから酸素だけを与える方法と,吸気酸素分圧を高める方法とがあり,酸素マスク,鼻腔カテーテル酸素テント,酸素室などを用いて行われる。なお,加圧した酸素を吸入させる高圧酸素療法がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

酸素吸入【さんそきゅうにゅう】

酸素または酸素分圧の高い空気を吸入させること。呼吸困難,ショック,貧血などの酸素欠乏状態や,手術時全身麻酔,手術後療法の際に行う。酸素マスク,酸素鼻腔カテーテル,酸素テント(患者の上半身をおおうテント内に酸素分圧の高い空気を循環させる),酸素室などが用いられ,換気障害がある場合は,レスピレータを用いて人為的に呼吸を行うこともある。
→関連項目在宅酸素療法

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さんそきゅうにゅう【酸素吸入 oxygen inhalation】

種々の原因による人体組織の酸素欠乏状態に対して,吸気に酸素を加えることによって,空気より濃い酸素を吸入させて呼吸不全の改善をはかる操作。主として喘息(ぜんそく),肺気腫,肺炎などの呼吸器疾患や,鬱血(うつけつ)性心不全,著しい貧血,一酸化炭素中毒などに対する治療法として行われるが,高山登山や加圧装置のない航空機内など,気圧が著しく低下する場合に酸素の不足を補う目的でも行われる。 吸入の方法は,酸素ボンベから流量計を通して,鼻腔カニューレ,ベンチュリーマスク,フェーステントなどに酸素を導き,種々の比率で空気と混合して吸入させる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さんそきゅうにゅう【酸素吸入】

呼吸困難の時、血液中の酸素含有量を保持するため、酸素テント・酸素マスク・カニューレなどを用いて酸素を与えること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さんそ‐きゅうにゅう ‥キフニフ【酸素吸入】

〘名〙 呼吸困難や貧血などの病的状態により身体組織内の酸素が欠乏した時や、全身麻酔で行なう手術の時などに、空気中より濃い酸素を吸入させて組織のガス交換を助ける方法。
※イボタの虫(1919)〈中戸川吉二〉「酸素吸入をやってゐると云ふ病人に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

酸素吸入の関連情報