コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

救急医療 きゅうきゅういりょう

4件 の用語解説(救急医療の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

きゅうきゅういりょう【救急医療】

事故や急病による傷病者に対して行う医療。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

救急医療

軽症患者を診療する1次救急、手術や入院が必要な患者が対象の2次救急、重篤患者を診る3次救急がある。双葉郡では1次を開業医、2次を今村、大野、西、双葉厚生の4病陰3次をいわき市の総合磐城共立病院が担っている。

(2008-11-13 朝日新聞 朝刊 福島全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きゅうきゅういりょう【救急医療】

救急医療とは,思いがけなく突然に発生する病気,けが,中毒などの患者を適切に救助し病院へ搬送し,病院においては医師,看護婦,その他の医療従事者の協同作業により,搬入された救急患者を診療・看護して,社会復帰させることを目的とした医療体系であり,医療の原点である。救急医療という言葉にあてはまる英語はemergency medical services(略称EMS)と考えられる。サービスという単語からもわかるように,救急医療は医師が直接行う救急診療だけをさすものではなく,救急患者に対する広い範囲の医療サービスと理解されるべきである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

救急医療
きゅうきゅういりょう

突然の病気、けが、中毒など、急を要する患者に対して、緊急処置と診断・検査・治療を行う医療。交通事故スポーツなどによる外傷、熱傷、急性疼痛(とうつう)など緊急の処置が必要な場合や、脳梗塞(のうこうそく)、心筋梗塞、急性中毒、肺炎など緊急対応しないと生命の予後を左右しかねない疾患がおもな対象であり、迅速な診断と検査、即効的な治療が要求される。扱う患者の重症度に応じて一次救急、二次救急、三次救急に分けられる。また、それぞれの医療体制は医療圏ごとに整備することになっており、一次医療圏は市町村単位、二次医療圏は広域市町村単位、三次医療圏は北海道など広域道県を除き都府県単位が標準となる。
 一次救急(初期救急)医療は、入院を必要とせず、外来で対処できる帰宅可能な軽症患者を対象とする。市町村レベルで自治体が体制を整備し、内科・外科・小児科などの夜間や休日の当番病院や診療所・医院の在宅当番医、休日夜間急患センター、小児救急センター、休日歯科医院などがその任にあたる。
 二次救急医療は、入院治療や手術を必要とする重症患者を対象とする。広域市町村レベルで医療圏を設定し、地点ごとに体制を整備する。患者のたらい回し防止のため病院群輪番制によって当番病院を決めて任にあたり、拠点ごとの救急病院や小児救急病院、周産期母子医療センターなどが地域医療の中核的役割を果たす。
 三次救急は、複数の診療科領域にわたる傷病など、二次救急医療では対応できない、とくに高度な処置が必要であるか、一刻を争う重篤な救急患者を対象とする。広範な地域をカバーする都府県レベルの医療圏のなかで救急医療に特化した高度な診療や処置を専門医が施し、各種救命救急センターや小児救急センター、総合周産期母子医療センターなどがその役割を担う。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

救急医療の関連キーワード思い掛けず思い掛け無い端無く不意ゆくりなく救急医療週間救急の日救急医療と輪番制度日本救急医学会の救急医療における終末期医療のあり方に関するガイドライン案救急告示の医療機関

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

救急医療の関連情報