コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

がんと遺伝子治療 がんといでんしちりょう

1件 の用語解説(がんと遺伝子治療の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

がんといでんしちりょう【がんと遺伝子治療】

 ほとんどのがんは、特定の遺伝子の故障や異常でおこります。そこで、正常な遺伝子を外から注入し、がん細胞内ではたらかせたり、腫瘍免疫を高めたりするのが、がんの遺伝子治療です。
 1998年に東京大学医科学研究所で、腎細胞(じんさいぼう)がんの患者さんに対する遺伝子治療が実施されました。他の医療機関からもがんの遺伝子治療の計画や申請が行なわれており、今後の成果が期待されます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

がんと遺伝子治療の関連キーワード癌遺伝子がん遺伝子がん抑制遺伝子多型逆遺伝学モザイク遺伝子ラス遺伝子遺伝子ターゲッティング原がん遺伝子cdc遺伝子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone