コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

がんと遺伝子治療 がんといでんしちりょう

家庭医学館の解説

がんといでんしちりょう【がんと遺伝子治療】

 ほとんどのがんは、特定の遺伝子の故障や異常でおこります。そこで、正常な遺伝子を外から注入し、がん細胞内ではたらかせたり、腫瘍免疫を高めたりするのが、がんの遺伝子治療です。
 1998年に東京大学医科学研究所で、腎細胞(じんさいぼう)がんの患者さんに対する遺伝子治療が実施されました。他の医療機関からもがんの遺伝子治療の計画や申請が行なわれており、今後の成果が期待されます。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android