ぎい

大辞林 第三版の解説

(多く「と」を伴って)物がきしむ音を表す語。 -と枝折り戸が鳴る

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘副〙 (多く「と」を伴って用いる)
① 物がきしんで出る重く鈍い音。「きい」という音よりも重苦しい。
※野の花(1901)〈田山花袋〉二「曲り角で、ぎーと舵梶を取る音がして」
② 力をこめてものごとをするさまを表わす語。
※人情本・郭の花笠(1836)二「男の腕を力任せにギイと抓(つめ)れば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android