コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

つめ ツメ

大辞林 第三版の解説

つめ

文楽人形の首かしらの名の一。男女の雑多な端役に用いる。卑俗で庶民的な表情をした一人遣いの人形。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

つめの関連キーワードnail colourつめ切り(爪切り)折り弁当・折弁当ネイルショップ伊賀采女宅子娘ジョブリストネイルサロン藤原五百重娘越道伊羅都売和珥糠君娘マニキュア迦具漏比売蘇我河上娘ラチェット石川刀子娘夏目金之助蘇我常陸娘位奈部橘王藤原氷上娘ネイルケア

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

つめの関連情報