ぎぎめく

大辞林 第三版の解説

ぎぎめく

( 動四 )
ぎいぎいと音をたてる。 「赤く大きなる鼬いたち…大きに-・きて/盛衰記 13
ひしめく。大騒ぎする。 「われもわれもと-・き参り給ふ/御伽草子・熊野」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぎぎ‐め・く

[動カ四]
ぎぎと鳴きさわぐ。
「赤く大なる鼬(いたち)の…大きに―・きて」〈盛衰記・一三〉
いきり立つ。
「数万人の公卿殿上人、我も我もと―・き参り給ふ」〈伽・熊野の御本地〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ぎぎ‐め・く

〘自カ四〙 (「めく」は接尾語)
① ぎぎと音または鳴き声をたてる。
源平盛衰記(14C前)一三「二三返走り廻り、大きにぎきめきて、法皇に向ひ参て踊り上がり踊り上がり」
② ひしめく。また、騒ぐ。いきりたつ。
御伽草子・熊野の本地(室町末)「数万人の公卿殿上人、我も我もとぎぎめき参り給ふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android