ぎぎ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 ギギ科の淡水魚。全長二五センチメートルに達する。口ひげが四対あり、背びれと胸びれに毒腺のある棘(きょく)があって刺されると痛む。体色は灰褐色で暗色の不規則な斑紋があるが、死後は黄変する。胸びれを使ってギーギーという音をたてるところからこの名がある。河川、湖沼にすみ、昼間は岩かげにひそみ、夜間活動し、小魚、エビ類、昆虫類の幼虫などの小動物を食べる。尾びれの先端が深く二またになっている点で近縁種のギバチと区別できる。中部以南の本州と四国に分布する。肉は美味。はげぎぎ。ぐぐ。漢名、黄顙魚。〔明応本節用集(1496)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぎぎの関連情報