コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

くっと クット

デジタル大辞泉の解説

くっ‐と

[副]
こみ上げる笑いをおさえようとして、思わず声のもれるさまを表す語。
「―笑いが込み上げて来て、我慢するのに骨が折れた」〈大仏・帰郷〉
動きの速いさま。一気に。「釣り糸がくっと引かれる」
残りなく、そうなるさま。すっかり。すべて。
「やれさて、―ぬらしをった」〈狂言記・丼礑〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くっと

( 副 )
笑いをこらえようとして、こらえきれずに笑ってしまうさま。 「思わず-笑う」
力を入れて一気に行うさま。 「根ながら-ぞ、ぬきにける/狂言・髭櫓」
すべて。すっかり。 「やれ扨-濡らし居つた/狂言記・丼礑」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

くっとの関連キーワード中村七三郎(初代)馬術競技用語吃驚・喫驚くっくっと鼻まじろきすっくとさくさく細川紘未床固め工びくっとぎょっとごくっとくつくつくつめくぱくっとさくっとぎくっとちくと歯触り沈床

くっとの関連情報