コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丼礑 ドブカッチリ

デジタル大辞泉の解説

どぶかっちり【丼礑】

狂言。座頭が師の勾当(こうとう)を背負い、川を渡ろうとすると、通りがかりの者が座頭の背に乗って渡り、いたずらを続ける。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

どぶかっちり【丼礑】

狂言の一。勾当こうとうと座頭が京へ上る途中川に行き当たり、座頭が勾当を背に川を渡ろうとすると、通りかかった男がだまして自分を背負って渡らせる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

丼礑
どぶかっちり

狂言の曲名。座頭狂言。勾当(こうとう)(シテ)と菊都(きくいち)(菊市とも)の2人の盲人が上京する途中、勾当が『平家』を語って聞かせ、しばらく行くと川に差しかかる。渡り瀬を知るため礫(つぶて)を打つと、最初は「ドンブリ」と沈み、場所をかえると「カッチリ」と底に当たるので、勾当が菊都に背負われて渡ろうとすると、通りがかりの者がかわりにその背に乗り渡ってしまう。勾当に呼び戻された菊都は不審に思いながらも勾当を背負ってまた渡り始めるが、深みにはまってずぶぬれになる。寒いので菊都に持たせた酒をつがせるが、これも通行人が受けて飲み、そのうえ2人にいたずらをするので、盲人たちは互いのしわざと思い、けんかを始める。大蔵流では菊都が勾当を倒して入り、和泉(いずみ)流では目明きの存在に気づくが、菊市が勾当を目明きと間違え竹杖(たけづえ)で追い込む。この曲の趣向は十返舎一九(じっぺんしゃいっく)『東海道中膝栗毛(ひざくりげ)』塩井川の場に取り入れられている。[林 和利]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

丼礑の関連キーワード狂言現行曲一覧わあわあえいえいどんど一絞りくっと一水

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android