コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大仏次郎 おさらぎじろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大仏次郎
おさらぎじろう

[生]1897.10.9. 横浜
[没]1973.4.30. 東京
小説家。本名,野尻清彦。長兄は英文学者で星の研究家の野尻抱影。第一高等学校を経て 1921年東京大学政治学科卒業。 22年外務省条約局に勤務。学生時代に劇団「テアトル・デ・ビジュウ」を組織したり,ラッセルやクロポトキンを耽読。卒業後もロマン・ロランや外国の伝記文学の抄訳を続けるうちにポーの『ウィリアム・ウィルソン』からヒントを得た『隼 (はやぶさ) の源次』 (1924) を発表。続いて『鬼面の老女』 (24) を初めとする剣のスーパーマン「鞍馬天狗もの」 (58~59年の『西海道中記』にいたる 36編) を書きだす一方,『照る日曇る日』 (26~27) ,『赤穂浪士』 (27~28) などの新聞小説で大衆文学にゆるぎない地位を確立した。また現代物でも『白い姉』 (31) 以来佳作を書き続け,第2次世界大戦後第1作の日本芸術院賞受賞作『帰郷』 (48) および『宗方姉妹』 (49) で西欧的知性に基づく健全な保守性と進歩思想の調和を示した。その後,鞍馬天狗シリーズ,『楊貴妃』 (51) ,『若き日の信長』 (52) をはじめとする戯曲のほか,『ドレフュス事件』 (30) ,『ブウランジェ将軍の悲劇』 (35) と合せて3部作をなす『パナマ事件』 (59) や,パリ・コミューンの首尾を追究した『パリ燃ゆ』 (61~63) など歴史の波動を伝えつつ日本の現状を批判する力作を書いた。幕末から明治へかけての動乱を描いたライフワーク『天皇の世紀』 (67~73) は死により未完に終った。 64年文化勲章受章。 74年から大仏次郎賞が設けられた。横浜市港の見える丘公園に大仏次郎記念館がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

大仏次郎【おさらぎじろう】

小説家。本名野尻清彦。星の研究で知られる英文学者野尻抱影は兄。横浜生れ。東大法学部政治学科卒。外務省に入るが関東大震災を機に退職,文筆に専念。1924年の《鞍馬天狗》以来,大衆文学の質を高め,新しい分野を開拓する清新な作品を次々に発表。
→関連項目直木三十五文芸倶楽部

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大仏次郎 おさらぎ-じろう

1897-1973 大正-昭和時代の小説家。
明治30年10月9日生まれ。野尻抱影の弟。はじめ外務省につとめる。大正13年からの「鞍馬天狗(くらまてんぐ)」の連作でみとめられ,「赤穂(あこう)浪士」で大衆文学のイメージをかえた。昭和25年「帰郷」で芸術院賞。「パリ燃ゆ」,絶筆「天皇の世紀」などの史伝ものこした。芸術院会員。39年文化勲章。44年菊池寛賞。昭和48年4月30日死去。75歳。神奈川県出身。東京帝大卒。本名は野尻清彦。
格言など】死は救いと言いながら,そうは悟りきれぬものである(「砂の上に」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おさらぎじろう【大仏次郎】

1897‐1973(明治30‐昭和48)
小説家。横浜生れ。本名野尻清彦。英文学者の野尻抱影は長兄。東京帝大法学部政治学科卒業。1917年,高校在学中に《一高ロマンス》を出版,大学卒業前後にロマン・ロランの反戦文学作品を3冊翻訳出版するなど,青年時代から文学活動を始めた。関東大震災を契機として勤務先の外務省を退いて作家生活に入り,24年に大衆文芸誌《ポケット》に連載を始めた《鞍馬天狗》によって認められた。このあと,《照る日くもる日》(1926‐27),《赤穂浪士》(1927‐28),《ごろつき船》などの新聞小説が続いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

おさらぎじろう【大仏次郎】

1897~1973) 小説家。横浜生まれ。本名、野尻清彦。東大卒。随筆家野尻抱影の弟。大衆小説を知識人の読み物に高めた。作「鞍馬天狗」「帰郷」「パリ燃ゆ」「天皇の世紀」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大仏次郎
おさらぎじろう
(1897―1973)

小説家。明治30年10月9日横浜生まれ。本名野尻(のじり)清彦。長兄に野尻抱影(ほうえい)がいる。東京府立第一中学校から旧制第一高等学校を経て東京帝国大学政治学科に学ぶ。大正デモクラシーの洗礼を受け、それ以後リベラルな立場をとる。一高在学中に『一高ロマンス』(1917)を出版。大学卒業後、外務省条約局に勤めたが、関東大震災を機に文筆に専念。鎌倉、長谷(はせ)大仏裏に住んでいたため大仏の筆名を用いる。1924年(大正13)『鬼面の老女』を皮切りに『鞍馬天狗(くらまてんぐ)』の連作を執筆、26年に初めての新聞小説である『照る日くもる日』を『大阪朝日新聞』に連載、27~28年(昭和2~3)『東京日日新聞』に執筆した『赤穂浪士(あこうろうし)』で大衆文壇の花形となった。時代物に『由比(ゆい)正雪』(1930)、『乞食(こじき)大将』(1944~46)などがある。31年に東京・大阪の両『朝日新聞』に連載した『白い姉』以後、風俗小説の分野でも活躍。『霧笛』(1933)など開化物を経て第二次世界大戦後の『帰郷』(1948。芸術院賞)に大成された。またフランス第三共和政下の政治的諸事件を扱った『ドレフュス事件』(1930)、『ブゥランジェ将軍の悲劇』(1935)、『パナマ事件』(1960)や、パリ・コミューンを描いた『パリ燃ゆ』(1961~63)があり、幕末から明治へかけての変革を実証的にとらえた『天皇の世紀』(1967~73。未完)も優れた業績である。児童文学、戯曲、随想なども多く、市民的良識を感じさせる。60年(昭和35)芸術院会員。64年文化勲章受章。昭和48年4月30日没。横浜に大仏次郎記念館がある。なお、没後、優れた著作に与えられる大仏次郎賞が設けられた(1973創設、翌年第1回)。[尾崎秀樹]
『『大仏次郎自選集 現代小説』全11巻(1972~73・朝日新聞社) ▽『大仏次郎随筆全集』全三巻(1973~74・朝日新聞社) ▽『大仏次郎時代小説全集』全24巻(1975~77・朝日新聞社) ▽『大仏次郎戯曲全集』全一巻(1977・朝日新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の大仏次郎の言及

【赤穂浪士】より

大仏(おさらぎ)次郎の長編小説。1927‐28年(昭和2‐3),《東京日日新聞》に連載。…

【鞍馬天狗】より

…大仏次郎の連作時代小説で,短編《鬼面の老女》(1924)から《西海道中記》(1959)まで36編の作品をさす。いずれも鞍馬天狗を主人公としている。…

【ナショナル・トラスト】より

…こうしてナショナル・トラストは,イギリスにおける民間最大の土地保有機関となっている。 日本でも1960年代から大仏次郎らによってナショナル・トラストが紹介されたが,実際上はそれに匹敵する大規模な組織はいまだ生まれていない。北海道斜里郡斜里町の100m2運動,和歌山県田辺市天神崎の市民地主運動をはじめ,多くのなぎさ買収計画や町並保存計画等が知られる。…

【若き日の信長】より

…3幕4場。大仏次郎作。1952年10月東京歌舞伎座初演。…

※「大仏次郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大仏次郎の関連キーワード参議院とは何か1947~2010途上国のグローバリゼーション多元化する「能力」と日本社会原子力損害賠償制度の研究コミュニティを問いなおす文明史のなかの明治憲法現代アラブの社会思想階層化日本と教育危機朝鮮と日本に生きる新しい人よ眼ざめよ鞍馬天狗横浜に現る〈民主〉と〈愛国〉平和構築と法の支配鞍馬天狗(文学)経済の時代の終焉排除と抵抗の郊外白夜を旅する人々敗北を抱きしめて日中国交正常化蘆花徳冨健次郎

今日のキーワード

けものフレンズ

「けものフレンズプロジェクト」が展開するメディアミックス作品。略称は「けもフレ」。プロジェクト参画企業は株式会社ファミマ・ドット・コム、株式会社テレビ東京、株式会社KADOKAWAなど。マンガ家の吉崎...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大仏次郎の関連情報