コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

くるみ割り くるみわり

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

くるみ割り
くるみわり

クルミなどの堅い殻を割るための器具。古くからある器具で、ヨーロッパなどで民芸品や装飾品がつくられている。日本では明治以降に使われるようになった。金属製や木製のものがあり、ナッツ類を挟んで、てこの力を応用し殻を割るようになっているが、ナッツを挟む部分には、くぼみや、滑らないためのぎざが入っている。[河野友美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

くるみ割りの関連キーワードイワーノフ(Lev Ivanovich Ivanov)イェカテリーナ マクシーモワサンフランシスコ・バレエ団ミリアム ウルド・ブラームペンシルベニア・バレエ団オクサーナ シェスタコワマドレーヌ イーストーナタリヤ レドフスカヤマイレン・トレウバエフシモン ヴィルサラーゼジュリアン ファヴローボストン・バレエ団ディベルティスマンティアゴ ソアレスニコラス ホルトチャイコフスキーナットクラッカーナット・ロッカー眠れる森の美女くるみ割り人形

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

くるみ割りの関連情報