ぐしぐし(読み)グシグシ

デジタル大辞泉の解説

[副]
わけのわからないことをぶつぶつ言うさま。
「わけもないこと―言って」〈黄・金生木〉
紙などがもみくちゃになったさま。
「―となりけるはまことに愚人夏の虫」〈浄・出世景清

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘副〙
① (「と」を伴って用いることもある) ぶつぶつと何か言うさまを表わす語。ぐずぐず。
※咄本・鹿の巻筆(1686)一「たまたまものを言ひつけても、ぐしぐしばかりぬかして」
② 紙などが、もみくちゃになったさまを表わす語。ぐしゃぐしゃ。
※浄瑠璃・出世景清(1685)二「景清にっこと打わらひそばに有りけるすご六ばん、かた手に取てなげつくれば〈略〉ぐしぐしとなりけるは」
③ 声をおさえて泣くさま、また、その泣き声を表わす語。しくしく。めそめそ。
※雑俳・柳多留‐一二(1777)「ぐしぐしとなくのでこううはなれかね」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android