コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巻(き)筆 マキフデ

デジタル大辞泉の解説

まき‐ふで【巻(き)筆】

芯(しん)を立てて紙を巻き、その周囲に毛を植えて穂を作った筆。
色糸などで軸を巻いて装飾した

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の巻(き)筆の言及

【筆】より

…筆管は竹についで木が多く,玉,陶,骨,角,金,銀,石などが用いられ,しばしば美しい彫刻や彩色,漆などが施される。筆毫には,心(しん)を建てて紙を巻き,その周囲に毛を植えていく巻筆(まきふで)または有心筆と,心のないねりまぜ式の水筆または無心筆とがある。
[中国]
 筆の字は甲骨文や金文にも見え(),手で管をもつ姿をかたどっている。…

※「巻(き)筆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

巻(き)筆の関連キーワード鹿野武左衛門口伝咄筑紫園右衛門鹿野武左衛門咄本・噺本ひこひこ紙子臭いふつふつ鳥獣戯画古山師重雲平筆奈良筆思やるとっと伊達染運否咄本噺本手前本にずら

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android