けいせい倭荘子(読み)けいせいやまとそうじ

世界大百科事典 第2版の解説

けいせいやまとそうじ【けいせい倭荘子】

歌舞伎狂言。時代物。6幕。初世並木五瓶作。通称《蝶の道行》。1784年(天明4)閏1月大坂嵐他人座(中の芝居)初演。配役は北畠靫負之介(ゆきえのすけ)・大和の佐国を2世嵐三五郎,弥生姫・妹小槙を初世沢村国太郎,越野勘左衛門を初世尾上新七など。実在した弓の名手星野勘左衛門と和佐大八郎の三十三間堂の通し矢の話を劇化した《防州苗打松(ぼうしゆうなえうちのまつ)》を増補し,これに明和年間(1764‐72)京の岡崎に起きた妹殺し事件を借りて加えたもの。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android