コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

けいせい倭荘子 けいせいやまとそうじ

1件 の用語解説(けいせい倭荘子の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

けいせいやまとそうじ【けいせい倭荘子】

歌舞伎狂言。時代物。6幕。初世並木五瓶作。通称《蝶の道行》。1784年(天明4)閏1月大坂嵐他人座(中の芝居)初演。配役は北畠靫負之介(ゆきえのすけ)・大和の佐国を2世嵐三五郎,弥生姫・妹小槙を初世沢村国太郎,越野勘左衛門を初世尾上新七など。実在した弓の名手星野勘左衛門和佐大八郎三十三間堂通し矢の話を劇化した《防州苗打松(ぼうしゆうなえうちのまつ)》を増補し,これに明和年間(1764‐72)京の岡崎に起きた妹殺し事件を借りて加えたもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

けいせい倭荘子の関連キーワード五大力恋緘山門並木五瓶歌舞伎狂言生世話時代狂言金門五山桐隅田春妓女容性並木五瓶(2代)並木五瓶(4代)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone