コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北畠 キタバタケ

デジタル大辞泉の解説

きたばたけ【北畠】

姓氏の一。
村上源氏。源通親の孫の中院雅家(なかのいんまさいえ)が洛北北畠に住み改姓。その曽孫の親房(ちかふさ)南朝の重鎮として活躍。顕能(あきよし)から代々伊勢国守。天正4年(1576)具教(とものり)が織田信長に勢に攻められて滅亡。
[補説]「北畠」姓の人物
北畠顕家(きたばたけあきいえ)
北畠顕信(きたばたけあきのぶ)
北畠顕能(きたばたけあきよし)
北畠准后(きたばたけじゅごう)
北畠親房(きたばたけちかふさ)
北畠具教(きたばたけとものり)
北畠満雅(きたばたけみつまさ)
北畠八穂(きたばたけやほ)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きたばたけ【北畠】

姓氏の一。村上源氏中院流。鎌倉・南北朝時代の公家。室町時代には伊勢国司として三国司家の一に数えられた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

北畠の関連キーワード大阪府大阪市阿倍野区王子町三重県多気郡大台町上三瀬青森県青森市浪岡北中野三重県津市美杉町上多気多気北畠氏城館跡もう一つの光を鬼を飼うゴロ十二歳の半年南北朝時代阿部野神社北畠具行墓北畠氏館跡北畠顕能多芸御所浪岡城跡木造俊康小浜景隆度会家行北畠師親破軍の星

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北畠の関連情報