けど

精選版 日本国語大辞典「けど」の解説

け‐ど

(「けれど」のくだけたいい方)
[1] 〘接助〙 =けれども(一)
浄瑠璃・忠臣金短冊(1732)四「いなか者じゃと言ははんすけど、京恥しいうまい盛り。一口くはずにおかれぬ顔」
[2] 〘接続〙 =けれども(二)
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)四「そりゃはや、現銀かけ直(ね)なし。おまへにはよかろ。けど、此方にはちと工合が悪い」

け‐ど

〘名〙 難癖。けち。
※評判記・色道大鏡(1678)一「けど。けどを付(つく)る、けどを入(いる)るなどいふ。隅人より出でたる詞なり。をかまへて、人かくる㒵(かたち)也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「けど」の解説

けど[接助・終助]

[接助]接続助詞「けれども」に同じ。「悪いけどやめるよ」
[終助]終助詞けれども」に同じ。「わたしですけど

けど[接]

[接]接続詞けれども」に同じ。「行くよ。けど、ちょっと待ってね」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android