げり(読み)ゲリ

デジタル大辞泉の解説

げり[助動]

[助動]助動詞「けり」に同じ。
「鮭を二つ引き抜きて、懐へ引き入れてんげり」〈宇治拾遺・一・一五〉
[補説]完了の助動詞「つ」の連用形に過去の助動詞「けり」が付いた「てけり」が、院政期のころから撥音が添加され「てんげり」となったもの。軍記物や説話集などに用いられた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

げり

( 助動 )
けり(助動)」に同じ。 「艶書をてづから持ちて行きてんげり/著聞 5」 「うんとばかり其のまま息は絶えてげり/浄瑠璃・嫗山姥」 〔助動詞「けり」が完了の助動詞「つ」の連用形に付いた「てけり」が平安末期から「てんげり」ともいうようになり、撥音「ん」の無表記で「てげり」とも使われた〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

げりの関連情報