軍記物(読み)グンキモノ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 文芸作品などのうち、いくさを主要な題材とし、武士の活躍を描写したものの総称。
① 江戸時代に作られた小説の一つ。いくさを材料として、興味をひくように事実と空想を混じえて書かれたもの。「絵本太閤記」「通俗三国志」の類。軍談。
※平凡(1907)〈二葉亭四迷〉三六「国に居る時分から軍記物や仇討物は耽読してゐたが」
※国文学史十講(1899)〈芳賀矢一〉六「是等の軍記物は異本が種々あって」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の軍記物の言及

【軍記】より

…この武者の登場による動乱を作品の主題とするのが〈軍記〉である。〈軍記物〉〈軍記物語〉〈戦記〉〈戦記物〉〈戦記物語〉とも呼ばれるが,いずれの名称も新しく,明治以後の用語である。現存の作品は,〈記〉〈物語〉の名称を有するが,古くは〈合戦状〉〈戦物語〉などと呼ばれた。…

※「軍記物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

軍記物の関連情報