こくりこくり

精選版 日本国語大辞典「こくりこくり」の解説

こくり‐こくり

〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 居眠りして、上体前後にゆり動かすさまを表わす語。こっくりこっくり。
歌舞伎与話情浮名横櫛(切られ与三)(1853)八幕「九つをきくとこくりこくり居ねむりをはじめ」
何度もうなずいて首を縦に振るさまを表わす語。こっくり。
伊豆踊子(1926)〈川端康成〉七「私の言葉が終らない先き終らない先きに、何度となくこくりこくりうなづいて見せるだけだった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android