こぐらかる(読み)コグラカル

デジタル大辞泉「こぐらかる」の解説

こぐらか・る

[動ラ五(四)]
などがからまってけなくなる。もつれる。こんがらかる
「桃か桜か―・った様な枝風(えだぶり)のが」〈小杉天外魔風恋風
物事が複雑に入り組む。紛糾する。こんがらかる。
「最(も)う談(はなし)が紊(もつ)れて、―・って、解(わか)らなくなった」〈二葉亭訳・夢かたり〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「こぐらかる」の解説

こぐらか・る

〘自ラ五(四)〙 糸などが入りまじって、もつれからまる。乱れからまる。また、物事が入り組んで複雑になる。紛糾する。こんがらかる。
※洒落本・面美知之娌(1789‐1802頃)一「伊勢屋の吊燈(てうちん)と丹州やの吊燈とこくらかって来る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android