こづかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

こづかい

家計から独立して,家族の各人が自由に処分することのできる一種の所得。財源は家計からの分け前が最も一般的であるが,各人が得た所得を家計を通さずこれにあてる場合もある。これは家族の共同的な生活費以外の支出にあてられるが,ときには昼食費のような基本的な生活費や,ほかの家族員のための支出にあてることもある。家族員のプライベートな生活を保つために家計の一部をこれにあてることが必要とされる。以前は子供のこづかいが主であったが,第2次世界大戦後,夫,妻,同居している老人などおのおのがこづかいをもつようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

こづかいの関連情報