こ文字(読み)コモジ

大辞林 第三版の解説

こもじ【こ文字】

〔「こ」で始まる語の文字詞〕
〔女房詞〕 鯉こい
〔中世女性語〕 小麦。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こ‐もじ【こ文字】

〘名〙 「こ」で始まることばの後を略して「文字」を添えた女房詞。
① 鯉(こい)をいう。
※海人藻芥(1420)「鯉はこもじ」
※御湯殿上日記‐文明一四年(1482)正月一九日「二てう殿よりこもしまいる」
② 小麦をいう。〔日葡辞書(1603‐04)〕
③ 小袖をいう。
※実隆公記‐享祿元年(1528)一〇月紙背(二条尹房室九条氏消息)「こもしは夕かたにてもあすにてももたせ候て給候へく候」
④ 乞食(こじき)をいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android