ごみ処理場(読み)ごみしょりじょう

防府市歴史用語集の解説

ごみ処理場

ごみ焼却場は、1968年(昭和43年)に現在の位置に設置され、その後、側に粗大ごみの処理施設である破砕処理場[はさいしょりじょう]も設置されました。現在、クリーンセンターでは燃えるごみ、燃えないごみ、資源ごみなど年間約500tのごみが処理されています。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

世界大百科事典内のごみ処理場の言及

【ごみ】より

…処理対象ごみ(計画収集ごみと直接搬入ごみ)について,1979年度の処理内訳を見ると,59%が焼却処理,39%が直接埋め立てられており,焼却残渣量を含めた埋立量は,処理対象ごみの48%になり,年間約2000万tが埋立処分されていることになる。ごみ処理の中心的施設となっているごみ焼却処理施設等いわゆるごみ処理場は,79年度末で約2000施設あり,その総処理能力は1日当り14万5000tとなっている。焼却処理施設の型式別内訳は,ごみの一定量が投入されるごとに燃焼を行う,いわば不連続的な燃焼方式であるバッチ式の施設が施設数で8割を占めているが,処理能力では,連続燃焼式が全体の約7割を占める。…

※「ごみ処理場」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ごみ処理場の関連情報