さある

精選版 日本国語大辞典「さある」の解説

さある

〘助動〙 (活用は「あら・さあり・さある・さある・さあれ・さあれ」。助動詞「さしゃる」の変化した語) 上一・上二・下一段型活用の用言未然形に付き、軽い尊敬を表わす。遊び人・道楽者・侠客などの用いた語。…られる。
※浄瑠璃・万戸将軍唐日記(1747)三「モウ酒呑で下あんな。やめさあれ、やめさあれ」

さあ・る

〘他ラ四〙 「する」のの軽い尊敬語。なさる。
歌舞伎桑名屋徳蔵入船物語(1770)口明「もうが立たうけれど、了簡さあれ。〈〉押さにゃならぬ。了簡さあれ了簡さあれ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android