さある

大辞林 第三版の解説

さある

( 動四 )
「する」の意の軽い尊敬語。なさる。 「もう腹が立たうけれど、了簡-・れ/歌舞伎・桑名屋徳蔵」

さある

( 助動 ) ( さあら ・さあり ・さある ・さある ・さあれ ・さあれ )
〔助動詞「さしゃる」の転。近世語。遊び人などの用いた語〕
上一段・上二段・下一段活用の語の未然形に付いて、軽い尊敬の意を表す。 「はて其様にとぼけさあるな/浄瑠璃・摂州渡辺」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

さあるの関連情報