コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

さある さある

大辞林 第三版の解説

さある

( 動四 )
「する」の意の軽い尊敬語。なさる。 「もう腹が立たうけれど、了簡-・れ/歌舞伎・桑名屋徳蔵」

さある

( 助動 ) ( さあら ・さあり ・さある ・さある ・さあれ ・さあれ )
〔助動詞「さしゃる」の転。近世語。遊び人などの用いた語〕
上一段・上二段・下一段活用の語の未然形に付いて、軽い尊敬の意を表す。 「はて其様にとぼけさあるな/浄瑠璃・摂州渡辺」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

さあるの関連キーワードガスクロマトグラフィーモーターボートレース不確定性原理クリープ強さ意思決定分析コウノトリ言い囃す連体詞研摩材騒音鉄鋼階高フグ海水溶岩内積紘毅有司顔料気圧

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

さあるの関連情報