コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桑名屋徳蔵入船物語 くわなやとくぞういりふねものがたり

世界大百科事典 第2版の解説

くわなやとくぞういりふねものがたり【桑名屋徳蔵入船物語】

歌舞伎狂言。時代物。5幕。並木正三作。1770年(明和7)12月大坂小川吉太郎座初演。海上で大入道と問答して退散させたという船乗り桑名屋徳蔵の話と金毘羅信仰を採り入れて,讃岐高丸家のお家騒動に仕組んだ狂言。筋立はたいそう複雑になっているが,それは善・悪双方がともに裏の裏を行くという策略をめぐらすためで,たとえば徳蔵と相模五郎は敵味方に分かれた双生児だが,4幕目では五郎が偽の徳蔵に,5幕目では徳蔵が偽の五郎になって現れたりする。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

桑名屋徳蔵入船物語の関連キーワード中村歌右衛門(初代)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android