コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桑名屋徳蔵入船物語 くわなやとくぞういりふねものがたり

1件 の用語解説(桑名屋徳蔵入船物語の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

くわなやとくぞういりふねものがたり【桑名屋徳蔵入船物語】

歌舞伎狂言。時代物。5幕。並木正三作。1770年(明和7)12月大坂小川吉太郎座初演。海上で大入道と問答して退散させたという船乗り桑名屋徳蔵の話と金毘羅信仰を採り入れて,讃岐高丸家のお家騒動に仕組んだ狂言。筋立はたいそう複雑になっているが,それは善・悪双方がともに裏の裏を行くという策略をめぐらすためで,たとえば徳蔵と相模五郎は敵味方に分かれた双生児だが,4幕目では五郎が偽の徳蔵に,5幕目では徳蔵が偽の五郎になって現れたりする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

桑名屋徳蔵入船物語の関連キーワード書替狂言歌舞伎狂言時代狂言実録忠臣蔵島原狂言並木正三金門五山桐続狂言並木翁輔並木正三(3代)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone