コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

さしった さしった

大辞林 第三版の解説

さしった

( 連語 )
〔尊敬の助動詞「さしゃる」の連用形に完了の助動詞「た」の付いた「さしゃった」の転。近世江戸語〕
四段以外の活用の動詞の未然形に付き、ごく軽い尊敬の意を表す。なさった。 「き-・たら、ちよつと知らせてもらひたい/歌舞伎・金秤目」 〔四段活用の動詞には「しった」が付く〕 → しった

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

さしったの関連キーワードしった店替へ助動詞

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android