さっせえ

精選版 日本国語大辞典「さっせえ」の解説

さっせえ

(「さっしゃる」の命令形さっしゃれ」の変化したもの。「さっせい」とも) 近世江戸の庶民語。対等または対等に近い下位のものに用いる尊敬の意をもった命令を表わす。親愛感情を伴って用いることが多い。
[1] (助動詞「さっしゃれ」から) …なさい。さっし。
※咄本・無事志有意(1798)妙薬「此くすりをのませて見さっせへ」
[2] (動詞「さっしゃれ」から) しなさい。なさい。さっし。
稽本・浮世風呂(1809‐13)二「コレコレ喜代や。おのしはの、お茶の支度をさっせへよ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「さっせえ」の解説

さっせえ

《尊敬の助動詞「さっしゃる」の命令形「さっしゃれ」の音変化。「さっせい」とも》軽い尊敬を含んだ命令を表す。…なさい。→さっし
「車をもちっと入れさっせえ」〈錦之裏

さっせえ

《動詞「さっしゃる」の命令形「さっしゃれ」の音変化。「さっせい」とも》しなさい。なさい。→さっし
「お茶のしたくを―よ」〈滑・浮世風呂・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android