コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

錦之裏 ニシキノウラ

2件 の用語解説(錦之裏の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

にしきのうら【錦之裏】

洒落本。1冊。山東京伝作・画。寛政3年(1791)刊。角書は「青楼昼之世界」。遊郭の昼間の情景に取材し、遊里の内情、遊女の生活などを精細に描写。同年刊「仕懸文庫」「娼妓絹籭(しょうぎきぬぶるい)」とともに絶版を命じられた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

にしきのうら【錦之裏】

洒落本。一冊。山東京伝作・画。1791年刊。郭くるわの昼間の情景を精細・緻密に描く。「娼妓絹籭しようぎきぬぶるい」「仕懸文庫」とともに絶版を命じられ、京伝は手鎖50日の刑を受けた。青楼昼之世界錦之裏。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone