命令形(読み)メイレイケイ

大辞林 第三版の解説

めいれいけい【命令形】

用言・助動詞の活用形の一。六活用形のうち、第六番目に置かれる。他に命令することを表す形。形容詞・形容動詞の命令形は文語だけにあり、可能動詞と一部の助動詞には命令形がない。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

めいれい‐けい【命令形】

〘名〙 用言の活用形の一つ。六活用形のうち通常第六番目におかれる。その動作の実行、状態の実現を相手に求めるときの語形。また、時に、「魚の身のあつい所は薄う見へい、うすい所は厚う見へいと作るが、庖丁人の腕でおりるげな」〔虎寛本狂言・鱸庖丁(室町末‐近世初)〕、「今は西海の浪の底にしづまば沈め、山野にかばをさらさばさらせ」〔平家(13C前)七〕のように、願望・放任の意を表わすこともある。四段活用(五段活用)以外の動詞の命令形に「よ」「ろ」「い」を付けるのが普通であるが、学説により「よ」などの付いた形を命令形と呼び、また「よ」などを助詞とする。形容詞形容動詞では「あり」「なり」「たり」を用いた補助活用の命令形があるが、口語では普通には用いない。命令法。
※中等教科明治文典(1904)〈芳賀矢一〉二「第六活用形の『死ね』は命令をいふときに用ゐる形なれば命令形といふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

命令形の関連情報