ざんざか踊(読み)ざんざかおどり

世界大百科事典 第2版の解説

兵庫県養父(やぶ),宍粟(しそう),朝来(あさご),美方(みかた)の各郡などで盂蘭盆会(うらぼんえ)を中心に村の繁栄を祈願して踊られる太鼓踊の一種。太鼓の口唱歌(くちしようが)で〈ザンザカザットウ〉と言うのに名前は由来するが,〈ザンザコ踊〉〈鬼踊〉〈姫踊〉〈チャンチャコ踊〉などともいう。場所によって踊りの構成や人数,舞踏の型・歌詞は異なるが,神籬(ひもろぎ)を背負ったり,花笠をつけた者たちが,皮面を上下にして2本の支え棒で腹に固定した締太鼓を,両手ばちで打ちつつ陣形を変えて踊る。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android