コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ざんざか踊 ざんざかおどり

1件 の用語解説(ざんざか踊の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ざんざかおどり【ざんざか踊】

兵庫県養父(やぶ),宍粟(しそう),朝来(あさご),美方(みかた)の各郡などで盂蘭盆会(うらぼんえ)を中心に村の繁栄を祈願して踊られる太鼓踊の一種。太鼓の口唱歌(くちしようが)で〈ザンザカザットウ〉と言うのに名前は由来するが,〈ザンザコ踊〉〈鬼踊〉〈姫踊〉〈チャンチャコ踊〉などともいう。場所によって踊りの構成や人数,舞踏の型・歌詞は異なるが,神籬(ひもろぎ)を背負ったり,花笠をつけた者たちが,皮面を上下にして2本の支え棒で腹に固定した締太鼓を,両手のばちで打ちつつ陣形を変えて踊る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ざんざか踊の関連キーワード明延鉱山朝来宍粟藩氷ノ山養父宍粟市宍粟伊和神社但馬楽座やぶ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ざんざか踊の関連情報