しかるべく

精選版 日本国語大辞典「しかるべく」の解説

しかる‐べく

〘連語〙 (動詞「しかり(然有)」の連体形「しかる」に助動詞「べし」の連用形「べく」の付いたもの)
② (現代語で、副詞的に用いる) 適当に。いいように。よろしく。
※上海(1928‐31)〈横光利一〉三「いい加減に何んとか、しかるべく云ひなさい」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android