したした(読み)シタシタ

デジタル大辞泉の解説

した‐した

[副]足音を立てないように歩くときのわずかな音を表す。ひたひた。
「跫音(あしおと)を密(ひそ)めて、―と入ると」〈鏡花・日本橋〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

した‐した

〘副〙 (多く「と」を伴って用いる)
① 忍びやかな足音や静かに降る雨の音などを表わす語。ひたひた。しとしと。
※雲形本狂言・花子(室町末‐近世初)「足音がしたしたしたとして。つま戸がきりりと明(あい)た」
② しなやかなさま、棒などのしなうさまを表わす語。
※俳諧・鳥のみち(1697)下「竹の根をゆく水のさらさら〈惟然〉 したしたと京への枇杷を荷つれ〈木節〉」
③ 水などが静かに流れるさまを表わす語。
※龍潭譚(1896)〈泉鏡花〉渡船「いかなるはずみにか血汐さとほとばしりぬ〈略〉したしたとながれにしむをあなやと両の拳もてしかとおさへたれど」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android