コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

惟然 いぜん

5件 の用語解説(惟然の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

惟然 いぜん

広瀬惟然(ひろせ-いぜん)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

いぜん【惟然】

?‐1711(正徳1)
江戸前期の俳人。姓は広瀬,通称は源之丞。初号は素牛。別号に鳥落人。美濃国関の人。1688年(元禄1)芭蕉に入門。芭蕉に近侍することが多かったが,師の没後,九州,奥羽,北陸等を行脚,蕉風を広める上に功績があった。擬声語を用いた口語調の軽妙な句を特徴とし,風羅念仏なるものを創始した。編著は《藤の実》(1694),《二葉集(じようしゆう)》(1702)等。〈水鳥やむかふの岸へつういつい〉(《惟然坊句集》)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いぜん【惟然】

広瀬ひろせ惟然

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

惟然
いぜん

広瀬惟然」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

惟然
いぜん
(?―1711)

江戸前期の俳人。名は源之丞(げんのじょう)。別号に素牛、風羅(ふうら)堂、鳥落人など。美濃(みの)国(岐阜県)関の人。元禄(げんろく)(1688~1704)初年芭蕉(ばしょう)に入門、1690年(元禄3)以降はよく師に随侍し、親愛せられた。とくに芭蕉最後の旅には、支考(しこう)らとともに随行、その病床にも侍した。師の没後は九州や東北、北陸地方を放浪し、1705年(宝永2)からは故郷に弁慶庵(べんけいあん)を結んで隠棲(いんせい)している。性は飄逸無頓着(ひょういつむとんじゃく)で、「風羅念仏」を唱導するなど奇行に富み、風狂のなかに清貧を楽しんで一生を過ごしたという。作風は軽妙洒脱(しゃだつ)、のちには口語調や無季の句まで試みた。享年60余歳。編著に『藤の実』(1702)、『二葉集』(1702)などがある。
 水鳥やむかふの岸へつういつうい[堀 信夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

惟然の関連キーワード浅井正村浅見左逸岩田凉菟阿形但秀尼坂好道半井和年吉田耕雲国助(2)(初代)壺半樗雲

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone