コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

惟然 いぜん

世界大百科事典 第2版の解説

いぜん【惟然】

?‐1711(正徳1)
江戸前期の俳人。姓は広瀬,通称は源之丞。初号は素牛。別号に鳥落人。美濃国関の人。1688年(元禄1)芭蕉に入門。芭蕉に近侍することが多かったが,師の没後,九州,奥羽,北陸等を行脚,蕉風を広める上に功績があった。擬声語を用いた口語調の軽妙な句を特徴とし,風羅念仏なるものを創始した。編著は《藤の実》(1694),《二葉集(じようしゆう)》(1702)等。〈水鳥やむかふの岸へつういつい〉(《惟然坊句集》)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

惟然
いぜん

広瀬惟然」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

惟然
いぜん
(?―1711)

江戸前期の俳人。名は源之丞(げんのじょう)。別号に素牛、風羅(ふうら)堂、鳥落人など。美濃(みの)国(岐阜県)関の人。元禄(げんろく)(1688~1704)初年芭蕉(ばしょう)に入門、1690年(元禄3)以降はよく師に随侍し、親愛せられた。とくに芭蕉最後の旅には、支考(しこう)らとともに随行、その病床にも侍した。師の没後は九州や東北、北陸地方を放浪し、1705年(宝永2)からは故郷に弁慶庵(べんけいあん)を結んで隠棲(いんせい)している。性は飄逸無頓着(ひょういつむとんじゃく)で、「風羅念仏」を唱導するなど奇行に富み、風狂のなかに清貧を楽しんで一生を過ごしたという。作風は軽妙洒脱(しゃだつ)、のちには口語調や無季の句まで試みた。享年60余歳。編著に『藤の実』(1702)、『二葉集』(1702)などがある。
 水鳥やむかふの岸へつういつうい[堀 信夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

惟然の関連キーワード火打ち鎌・燧鎌坂本朱拙盆仕舞ひ蕉門十哲上島鬼貫井上千山中島秋挙続猿蓑俳句面桶十哲

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android