足音(読み)あのと

精選版 日本国語大辞典「足音」の解説

あ‐の‐と【足音】

〙 あしおと。
※廃園(1909)〈三木露風〉推移「たましひ幾つ吹かれ消ゆ人の跫音(アノト)に」
[補注]「万葉‐二六五四」の「君に恋ひ寝ねぬ朝明に誰が乗れる馬の足音そ我に聞かする」の「足音」を「あのと」と訓む説が多い。

あ‐おと【足音】

〘名〙 あしおと。→あのと。〔改正増補和英語林集成(1886)〕
※独り歌へる(1910)〈若山牧水〉上「あめつちにわが跫音(アオト)のみ満ちわたる夕さまよひに月見草摘む」

あ‐と【足音】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「足音」の解説

あし‐おと【足音/×跫】

歩いたり走ったりするときに出る足の音。「―を立てる」「―が遠くなる」
あるものの近づいてくる気配。「の―」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

バブル方式

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大防止策の一。国際的なスポーツ大会で、選手や運営関係者を隔離し、外部と接触させない方式。[補説]泡(バブル)の膜でとり囲むように、内部と外部を遮断する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android