枇杷(読み)ビワ

  • ×枇×杷
  • びわ ‥ハ
  • びわ〔ハ〕
  • 枇杷 (ビワ)

デジタル大辞泉の解説

バラ科の常緑高木。四国・九州の一部に自生し、高さ約10メートル。葉は大形の長楕円形で、表面はつやがあり、裏面に灰褐色の毛が密生。秋から冬、黄色がかった白い花を密につける。夏、倒卵形の実が黄橙色に熟し、食用とされる。 実=夏 花=冬》「―黄なり空はあやめの花曇り/素堂」「磯の香に峙(そばだ)つ山も―のころ/秋桜子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

学名:Eriobotrya japonica
植物。バラ科の常緑小高木,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 バラ科の常緑高木。中国原産で、大分・山口・福井県などに野生するものもあるが、広く暖地で果樹として栽培される。高さ約一〇メートル。葉は厚くてかたく長楕円形で縁に鋸歯(きょし)がある。表面は凹凸があり裏面に淡褐色の軟毛を密生する。初冬、枝頂の花序に黄色がかった白い小さな五弁花を円錐状に集める。果実は球形、翌年の夏に黄色く熟し、生食される。葉と種子は薬用。漢名、枇杷。《季・夏》
※三代実録‐元慶七年(883)五月三日「酒及数杯。別賜御余枇杷子一銀鋺
[補注]「康頼本草‐本草果部上品集」には、コフクベという和名も記録されている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

実効再生産数

感染症が流行している集団において、ある時点で、一人の感染者から二次感染する人数の平均値。再生産数が1を上回ると、一人の感染者が複数の人に感染させるため、流行は拡大し、1を下回ると、感染者数が減少し、流...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

枇杷の関連情報