しっぱり(読み)シッパリ

デジタル大辞泉の解説

しっぱり

[副]
木の枝などがたわむさま。また、その音を表す語。
「柳に雪降りて枝もたはむや―と」〈浄・吉岡染〉
手落ちなく十分にするさま。しっかり。
「たたみかけて切りつくるを、―と受けとめ」〈浄・滝口横笛〉
強く身にこたえるさま。
「あつつつつつつつ。―だ、―だ」〈滑・浮世風呂・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しっぱり

〘副〙 (多く「と」を伴って用いる)
① 強く身にこたえるさま、深く身にしみるさまを表わす語。
※志不可起(1727)「しっはり 物のつよきに云。執の字か」
※咄本・くだ巻(1777)生酔「チトしっぱりと異見なさい」
② 木の枝などがたわむさま、また、その音を表わす語。しっぱ。〔かた言(1650)〕
③ 十分に手落ちのないように行なうさま、十分に物のあるさまなどを表わす語。よく。しっかり。
※浄瑠璃・滝口横笛(1676)五「たたみかけて切つくるを、しっぱりと受け止め」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android