しつらう

精選版 日本国語大辞典の解説

しつら・う しつらふ

[1] 〘他ハ四〙
① 設備する。支度する。つくろう。修繕する。しつらえる
※蜻蛉(974頃)上「車を給へといひたれば、〈略〉いとようとりなししつらひて、はしにまちふしたりけり」
② 飾りつける。装飾する。美しくとりつくろう。しつらえる。
※東大寺諷誦文平安初期点(830頃)「然らば恩を荘(シツらひ)徳を厳(かざ)ることは菩薩の雅迹なり」
③ 物事がうまくゆくようにととのえる。
※蓮如上人御一代記聞書(16C後)本「衆生をしつらひたまふ。しつらふといふは、衆生のこころをそのままをきて、よきこころを御くはへさふらひて、よくめされ候」
[2] 〘他ハ下二〙 ⇒しつらえる

しつら・う

〘自動四〙 (「しつらい(失例)」を動詞化した語か) 病気をする。やみつく。わずらう。〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android