しつりし

精選版 日本国語大辞典の解説

しつり‐し【蒺子】

〘名〙 ハマビシの実を乾燥して煎(い)り、棘(とげ)を除いた生薬。皮膚病の薬などとする。
※和名集并異名製剤記(1623)「蒺藜子 しつりし〈略〉和名はまびしの実也、七月八日に採て暴乾し木臼の中に於て擣て皮を去り酒に拌せ蒸して日に乾し用」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android