コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蒺藜子 しつりし

1件 の用語解説(蒺藜子の意味・用語解説を検索)

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

しつりし【蒺藜子】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。暖かい海辺の砂地に自生するハマビシ科ハマビシの未成熟果実を乾燥したもの。脂肪油サポニンを含み、強壮利尿消炎、かゆみ止め、鎮静などの作用がある。湿疹(しっしん)、皮膚のかゆみに効く当帰飲子(とうきいんし)などに含まれる。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の蒺藜子の言及

【ハマビシ(浜菱)】より

…熱帯から温帯にかけての乾燥域に広く分布する。漢方で果実を刺蒺藜(ししつり)または蒺藜子(しつりし)というが,血圧を下げ,潰瘍をなおし,利尿する作用があり,強壮薬とされた。植物体の若い部分は野菜とされ,家畜の飼料とされることもある。…

※「蒺藜子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

蒺藜子の関連キーワード漢方薬烏薬薬酒酒薬草根木皮草薬方薬和薬処方薬伝統薬

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone