コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しのに シノニ

デジタル大辞泉の解説

しの‐に

[副]
草木がぬれてなびくさま。また、心がしおれるさま。
「秋の穂を―押しなべ置く露の消えかもしなまし恋ひつつあらずは」〈・二二五六〉
しきりに。
「あふ事はかたのの里のささの庵(いほ)―露散る夜はの床かな」〈新古今・恋二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しのに

( 副 )
草木がしおれるさま。心がしんみりするさま。 「近江の海夕波千鳥汝が鳴けば心も-古いにしえ思ほゆ/万葉集 266
しきりに。しげく。 「逢ふことは交野かたのの里の笹の庵-露散る夜はの床かな/新古今 恋二

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

しのにの関連キーワード刈り菰の・苅り菰の押し並ぶ・押し靡ぶ短歌(文学)夕波千鳥雲居なす近江の海夏麻引く琵琶湖夜降ちチドリ湯原王片設く縄海苔市原王蟋蟀

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

しのにの関連情報