コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しんかい六五〇〇 シンカイロクセンゴヒャク

デジタル大辞泉の解説

しんかい‐ろくせんごひゃく【しんかい六五〇〇】

日本の海洋科学技術センター(現海洋研究開発機構)が開発した有人潜水調査船。「しんかい2000」の後継として、平成元年(1989)完成。最大潜航深度6500メートルで世界一の潜航能力をもつ。内径2メートルの球形をしたチタン合金製耐圧殻に操縦者2名、研究者1名が乗り込む。日本近海以外にも太平洋大西洋インド洋などで海底地形深海生物の調査を行っている。→よこすか

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

しんかい六五〇〇の関連キーワードしんかい

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

しんかい六五〇〇の関連情報