コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耐圧殻 タイアツコク

デジタル大辞泉の解説

たいあつ‐こく【耐圧殻】

《「たいあつかく」とも》潜水艦や潜水艇の船体における、水圧に耐えるための外殻構造。ふつう船員が乗り込む空間を指し、内部は1気圧に保たれる。深海調査船のような大深度まで潜航するものは、チタンなどの丈夫な合金でできた真球に近い耐圧殻が使用される。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

耐圧殻の関連情報