しんねり(読み)シンネリ

デジタル大辞泉の解説

しんねり

[副](スル)
ねちねちして粘り強いさま。「しんねり(と)した口調で長々と説教する」
陰気ではきはきしないさま。「しんねり(と)して口数の少ない

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんねり

( 副 ) スル
(「と」を伴っても用いる)
性質などがねばっこいさま。ねちねちと根気づよいさま。 「 -(と)したものの言い方」
はきはきせず、ぐずぐずしているさま。 「 -(と)した人」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しんねり

〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① しつこくてねばっこいさま、ねばねばしたさまを表わす語。
※素足の娘(1940)〈佐多稲子〉二二「我家の明らさまな姿を眺めるといふやうな、しんねりした目つきとを感じさせるのであった」
※おあんさま(1965)〈大原富枝〉「菜種油のしんねりと冷たく甘いような臭いが」
② 男女がべたべたしているさま、親密なさまを表わす語。
※鉛筆ぐらし(1951)〈扇谷正造〉新語散見「Aのヤツ、この間銀座で会ったら、女の子としんねり歩いてやがった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android