じゃらつく(読み)ジャラツク

デジタル大辞泉の解説

じゃら‐つ・く

[動カ五(四)]
小さな金属片などが触れ合ってじゃらじゃら音を立てる。「小銭をポケットで―・かせる」
なまめかしい振る舞いをする。男女が、でれでれとじゃれあう。
「人の心まかせなるやうに―・きて」〈浮・一代女・一〉
たわむれる。ふざける。じゃれる。
「路次(ろじ)にて禿(かぶろ)どち―・くか、よそ見などして来る時は」〈色道大鏡・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

じゃら‐つ・く

〘自カ五(四)〙 (「つく」は接尾語)
① いろめいた、いやらしいふるまいをする。でれでれする。じゃらじゃらする。
浮世草子・好色一代女(1686)一「人の心まかせなるやうにじゃらつきて」
② たわむれる。ふざける。じゃれる。
※評判記・色道大鏡(1678)四「路次(ろし)にて禿(かふろ)どちじゃらつくか、よそ見などして来る時は」
③ 金属などが触れ合ってじゃらじゃらと音をたてる。
※咄本・年忘噺角力(1776)四「ハテ、ふしみ銭をよせてこしらへるは。なる程、尤じゃが、じゃらついてが有まいぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android