コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

じゃらつく ジャラツク

デジタル大辞泉の解説

じゃら‐つ・く

[動カ五(四)]
小さな金属片などが触れ合ってじゃらじゃら音を立てる。「小銭をポケットで―・かせる」
なまめかしい振る舞いをする。男女が、でれでれとじゃれあう。
「人の心まかせなるやうに―・きて」〈浮・一代女・一〉
たわむれる。ふざける。じゃれる。
「路次(ろじ)にて禿(かぶろ)どち―・くか、よそ見などして来る時は」〈色道大鏡・四〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

じゃらつくの関連キーワード徒つく

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android