じゃらつく(読み)ジャラツク

デジタル大辞泉の解説

じゃら‐つ・く

[動カ五(四)]
小さな金属片などが触れ合ってじゃらじゃら音を立てる。「小銭をポケットで―・かせる」
なまめかしい振る舞いをする。男女が、でれでれとじゃれあう。
「人の心まかせなるやうに―・きて」〈浮・一代女・一〉
たわむれる。ふざける。じゃれる。
「路次(ろじ)にて禿(かぶろ)どち―・くか、よそ見などして来る時は」〈色道大鏡・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android