じゅう

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅう

〘副〙 (多く「と」を伴って用いる) 高温に熱した物を冷たい液体の中に入れた時に出る音、水気のある物が熱気に当たって瞬間的に蒸発する音、また、液体が吸われたり吐かれたりする時に出る音などを表わす語。
※雑俳・柳多留‐三(1768)「ふきがらをじうといわせるちんこ切」
※婦系図(1907)〈泉鏡花〉前「蒸気は、ここで露になって、ジューと火が消える」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

じゅうの関連情報