じゅう

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅう

〘副〙 (多く「と」を伴って用いる) 高温に熱した物を冷たい液体の中に入れた時に出る音、水気のある物が熱気に当たって瞬間的に蒸発する音、また、液体が吸われたり吐かれたりする時に出る音などを表わす語。
※雑俳・柳多留‐三(1768)「ふきがらをじうといわせるちんこ切」
※婦系図(1907)〈泉鏡花〉前「蒸気は、ここで露になって、ジューと火が消える」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android