コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

すす(煤)病 すすびょう

百科事典マイペディアの解説

すす(煤)病【すすびょう】

植物の葉や枝,果実の部分に発生し,病患部がすすを一面に散布したようになる病気の総称で,黒色のすす病菌によって発生する。柑橘(かんきつ)類,ポプラ類,ヤナギ類,マダケ類,アオキ,イネなどに多くみられ,植物体の表面をすす病菌がおおうので同化作用が害され生活力が著しく弱まる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android