コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

すす(煤)病(読み)すすびょう

百科事典マイペディアの解説

すす(煤)病【すすびょう】

植物の葉や枝,果実の部分に発生し,病患部がすすを一面に散布したようになる病気の総称で,黒色のすす病菌によって発生する。柑橘(かんきつ)類,ポプラ類,ヤナギ類,マダケ類,アオキ,イネなどに多くみられ,植物体の表面をすす病菌がおおうので同化作用が害され生活力が著しく弱まる。すす病菌はすす病の原因になる子嚢菌類あるいは不完全菌類に属する菌の総称で,カイガラムシやアブラムシ,ウンカなどの分泌物を養分として繁殖するため,防除にはこれらを駆除する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android