コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

すす(煤)病 すすびょう

1件 の用語解説(すす(煤)病の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

すす(煤)病【すすびょう】

植物の葉や枝,果実の部分に発生し,病患部がすすを一面に散布したようになる病気の総称で,黒色のすす病菌によって発生する。柑橘(かんきつ)類,ポプラ類,ヤナギ類,マダケ類,アオキ,イネなどに多くみられ,植物体の表面をすす病菌がおおうので同化作用が害され生活力が著しく弱まる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

すす(煤)病の関連キーワード仮果患部中果皮粘毛植物湯生り口果心薄削法 (thinning)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone