コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

すっぺり スッペリ

デジタル大辞泉の解説

すっぺり

[副]
すべすべして滑らかなさま。
「句々故事を用ふるが、さて―として故事とも見えざるが妙なぞと」〈四河入海・二二〉
残らず。全く。すっかり。
「それほどの大病が漸(やうやう)に能(よ)くなって、この頃は―素(もと)の通りさ」〈滑・浮世風呂・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すっぺり

( 副 ) スル
平たくてなめらかなさま。
全く。すっかり。残らず。 「父様の病は-癒らう/浄瑠璃・宵庚申

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

すっぺりの関連キーワード底を叩く宵庚申

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android