すね

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

すね
すね / 臑・脛

解剖学名では下腿(かたい)といい、膝(ひざ)(膝(しつ)関節部)から足首(足(そく)関節部)までの間をさす。大腿(ふともも)に対するもので、軸となる骨格は、内側に太い脛骨(けいこつ)、外側に細い腓骨(ひこつ)が平行に存在し、両骨を下腿骨と総称する。俗にいう「向こうずね」は下腿の前面をさし、脛骨骨幹部が主体となる。この部分は、皮下に骨膜が直接あるため、打撲で激しい痛みを感じる。また、皮下組織も薄いため、傷などは治りにくい。「ふくらはぎ(腓腹(ひふく))」は下腿の後面の膨らんだ部分をいい、下方にアキレス腱(けん)(踵骨(しょうこつ)腱)が隆起してみえる。[嶋井和世]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のすねの言及

【足∥肢】より

…大腿は俗にいう〈もも〉で,その上半はひじょうに太いので〈ふともも〉,その内側を〈うちもも〉という。下腿は日本固有の言葉では〈はぎ〉または〈すね〉という。下腿の前面を〈むこうずね〉といい,後面のふくらんだ部分を〈ふくらはぎ〉という。…

※「すね」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

すねの関連情報