コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

踵骨 ショウコツ

3件 の用語解説(踵骨の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょう‐こつ【×踵骨】

足根骨の中で最も大きい、不正四角形の骨。かかとの突出はこの骨の隆起による。くびすの骨。跟骨(こんこつ)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

踵骨
しょうこつ

足根(足首)を構成する7個の足根骨の一つで、足根骨では最大である。最後下部に位置し、多角体状であるが、その後ろ3分の1は後下方に突出した踵骨隆起をつくる。この部分はヒトでとくに発達していて、かかと(踵)の大部分を占めている。いわゆる靴べらの当たる部分である。踵骨隆起の後端部には下腿三頭筋(かたいさんとうきんけん)(アキレス腱)が付着している。踵骨の上には距骨がのり、この2骨によって体重は支えられている。[嶋井和世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

踵骨の関連情報